昭和残侠伝 唐獅子牡丹

【昭和残侠伝 唐獅子牡丹】
(1966/東映)



昭和残侠伝 唐獅子牡丹 [DVD]昭和残侠伝 唐獅子牡丹 [DVD]
(2014/03/14)
高倉健、三田佳子 他

商品詳細を見る


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年の一発目は、健さんの唐獅子牡丹です。
佐伯清監督。シリーズ2作目。
健さ~~ん!



時は昭和はじめ、宇都宮に流れて来た花田秀次郎は左右田組の客人であった。秀次郎の弟分周平は、くみと駆け落ちしようとしていた。
くみに横恋慕する左右田組の息子から逃れる為だった。


kbotan06.png

左右田組のバカ息子は山本麟一!
この人は親分の姿しか見たことがなかった。こんな若い時があったとわ!
にしても老けた息子だぜ・・・。

駆け落ちは自分の差し金、二人から手を引いておくんなさい。
秀次郎は親分にナシを着けに行く。
親分は了承するも、その代わりに秀次郎にある男を斬るよう命じる。

――親分さんには何の恨みもございませんが、義理の上での勝負、お相手願います
――大勢の若い者を預かっている体、そう簡単に斬られるわけには行きませんよ


kbotan03.jpg

男は対抗組織 榊組の秋山幸太郎であった。
これが菅原謙次なのだ!! 大スキ~~!
(秋山のこのセリフでちゃんとした親分さんだとわかる)

サシの勝負の後・・・

手を握り合う男と男 (萌えポイント1)

kbotan04.jpg


――いい腕だ。いい度胸だ。その度胸、もっともっと立派なことに・・・

秋山はそう言い残して息絶える。
えええ 菅原謙次がこんなにすぐフェイドアウト?!マジ?
でも超インパクトあった!さすが菅原謙次サマ

三年後、秀次郎は刑期を終え出所する。
じぇ!人を殺して三年で出所!展開が早すぎるがな。
真っ先に秋山の墓を訪れる。そこで秋山の妻子と会う。
秋山亡き後榊組は勢いを失っていた。妻八重が組を仕切っていたが、左右田組のあくどいやり方に追い詰められていた。
見過ごせない秀次郎は榊組を助けることに・・・。

八重=三田佳子 こんなに美しく品のある姐さんがいるのか!?

kbotan07.jpg


===
おもしろい!文句なくおもしろい!
話の筋立てが実にシンプル。いい人そうに見えて実は悪いヤツとか出て来ない。
地元の組合長芦田伸介がなにかと三田佳子を助けてくれるんだが、親切そうな顔して実は三田佳子を狙っているんじゃないの?と心配していたら、この映画にそんな深読みは無用なのだった。

行きがかり上榊組と関わるようになった秀次郎に秋山の遺児和夫がすっかり懐いてしまう。
和夫は穂積ペペ カワユス☆
健さんが和夫を肩車して祭りに行くシーンなど眼福 (萌えポイント2)

kbotan05.jpg


――おじちゃんがとーちゃんになってくれればいいのに。ねえ、かあちゃん

無邪気に言う和夫。秀次郎はつらい。
幾度となく自分が秋山を殺したことを言おうとするのだが邪魔が入る。
その苦悩を抱えたまま物語が進行する。
やはり健さんには苦悩や葛藤が似合う。(萌えポイント3)

しかしついに八重に真実を告げるのだった。そんな時、三上圭吾が組に帰って来る。
三上はかつて八重を好きだったが、秋山との結婚に身を引き大陸に流れて行ったのだった。
榊組の窮地を知り組に戻った三上は秀次郎が秋山の仇と知りサシの勝負を挑む。
が、秀次郎は無抵抗。
万事休すのところに八重が三上にすがって止める。

――もういいじゃありませんか。この人も十分苦しんだはずです。

泣けるセリフだなあ・・・

そして秀次郎と三上の二人は殴り込みに向かうのだった。

雪の相合傘 (萌えポイント4)

kbotan01.jpg


池部良はかつてその色気とたらし演技で「スケベ良」と言われたが、ヤクザになってもいろっぽい。(目バリも入れてる)

殴り込み現場でやっと唐獅子牡丹が披露されるのだった。
健さんが歌う主題歌もシビれる。

脇役陣もシブくゴーカ。
左右田組親分 水島道太郎(日活で赤木圭一郎憧れの人だった)
榊組番頭 花沢徳衛(なつかすぃ~)
この時代になると五社協定がなくなったのかな?
日活から津川雅彦(周平)、大映から菅原謙次(秋山)
冒頭くみの母役は赤木春恵。あまりに若くてわからなかった。
他、岡崎二朗、今井健二など。

とにかく健さんがかっちょよすぎる一作。おススメ!



網走番外地PageTop私的 映画今年の10本 2014

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード